善玉菌とは

お腹が全体にもたらす影響は、とても大きく健康を考える上では重要なものになります。
腸内には、100兆個もの細菌が存在しています。これを、重さに直すと1.5kgになりこれだけの数が中で活動をしています。
このバランスが崩れることで有害物質の発生が増えて重大な病気を引き起こす原因になります。
便秘や下痢になるのも、この乱れからです。
その腸内環境を、正常に保つ働きをするのが善玉菌の役割です。
便秘を改善するだけでなく、体の免疫力を上げることや生活習慣病でもあるコレステロール値を安定にすることにも作用します。
腸内環境が、バランスよく保たれている間は体は健康維持が出来ています。
そんな大切な働きをするの善玉菌ですが、加齢やストレスなどで減少がしやすくなります。
そのために、体内に意識的に取り入れることが大切です。
テクスチャー11一番簡単な方法は、牛乳を毎日200ml飲むことです。
これは、牛乳に含まれる栄養素の中に糖質の乳糖が善玉菌のエサとなるからです。
また、コレステロールにも効果がある食物繊維が豊富なサツマイモも有効な食べ物です。
サツマイモには、ビタミンCや難消化性デンプンが成分としてあります。
これらも、増やす作用に働きます。

コメントは受け付けていません。