ビフィズス菌って何?

腸内にある善玉菌にはビフィズス菌と乳酸菌があります。この2つの善玉菌は性質が違います。乳酸菌は、糖を分解して乳酸を作り酵素があります。腸内に存在していますが腸に長く住みつくことができないという性質を持っています。菌の種類は、サーモフィルス菌やブルガリア菌・ガセリ菌などになります。ビフィズス菌は、糖を分解して乳酸と酢酸を作り出して腸内のPHが酸性になるようにコントロールしています。強い酸性に弱い性質があり胃酸や胆汁酸によって死滅する場合があり、大腸まで届かないこともあります。大腸内に常に存在しています。菌の種類はビフィダム菌・ロングム菌などになります。テクスチャー10ビフィズス菌の効能は、悪玉菌や病原菌の繁殖を抑えたり、栄養素の消化や吸収を助ける働きなどがあり、腸の運動を促して腸内環境を整えます。食物繊維やオリゴ糖など消化液で消化しきれないものを分解して増殖する性質があります。善玉菌は、便秘や下痢の予防改善効果や、免疫を高める効果・花粉症予防や改善・アトピー性皮膚炎の改善・コレステロールを下げる働き・高血圧を改善させる働きなどがあります。サプリメントやヨーグルトから手軽に摂取することができる善玉菌になります。

コメントは受け付けていません。